LEDライトを使って自分好みの照明器具にアレンジしよう!


どこで必要なものを揃えるといいの?

今や手軽に購入できるようになったLEDライトを使い、自分好みの世界に一つだけのLED照明を手作りする人が増加傾向にあります。価格はもちろん、市販のLEDライトや自作に必要な道具を揃えるだけでできるという手軽さから、DIYの入門編としてチャレンジする人もいるようです。そんなオリジナルのLED照明作りを考えた際にはまず、ホームセンターを覗いてみるとよいでしょう。ホームセンターにはDIYに必要な道具はもちろん、LEDライトや照明も豊富に取り揃えていることが多いです。

また、100円ショップにもベースに使えそうなLEDライトが多数取り揃えられています。装飾に使えそうなものから文具も安価に揃えられるという点でも、おすすめの選択肢の一つです。

どんなアレンジ方法があるの?

では実際に、どんなアレンジ方法があるのでしょうか。まずは、LEDライトをビンなどに入れて間接照明にするアレンジです。特に100円ショップにはインテリア用の瓶や陶器なども多く売っており、選択肢が豊富な傾向にあります。また、ビーズなどの飾りをつけて吊るして使うというアレンジ方法も人気のようです。しっかりとした明るさがありながら生活感を無くすことができると、様々なアレンジ方法がブログやSNSなどで紹介されています。

その他、木材と組み合わせて自然を感じられる柔らか味のある光にする工夫も人気のようです。LEDライトの大きさに合わせて木材をカットし、ライトを収納するようにします。そこに植物などを付け合わせればより自然な感じを演出できます。アイデア次第でどんなLED照明も生み出せるので、色々な例を見てイメージしてから取り掛かるとよいでしょう。

LEDライトパネルは、表示面が光るポスターフレームのことをいいます。展示会やショッピングモール、飲食店などで使用されています。